専業主婦がキャッシングでお金を借りるには?

生活費や子供の教育費など、日々のやりくりに頭を悩ませている主婦はたくさんいます。ただでさえ毎日のやりくりで大変なのに、冠婚葬祭や学校関係の支払いで急にお金が必要になって困ってしまったという経験がある人も少なくありません。

 

急な出費への対応といえばキャッシングサービスです。では、専業主婦が消費者金融や銀行カードローンなどを利用することはできるのでしょうか?

 

主婦がカードローンを利用する方法

主婦がカードローンを利用するための方法は以下の2つです。

 

・配偶者貸付を利用する
・パートなどの収入を得たうえで消費者金融に申し込む

 

銀行カードローンと専業主婦

少し前までは、専業主婦のカードローンといえば銀行カードローンでした。しかし、銀行カードローンを取り巻く環境はここ1年ほどで大きく変わっています。

 

2010年の貸金業法によって、消費者金融が総量規制の対象となりました。
自己破産者の増加や過剰・違法な取り立てなどが社会問題となったことによるもので、規制の対象となって貸金業者は年収の3分の1以上の金額を貸してはいけない決まりになりました。
当然、収入のない専業主婦の年収はゼロですから、借りることのできる金額もゼロです。

 

一方、銀行は総量規制の対象外でした。銀行ならば消費者金融のようにお金を貸しすぎることはないだろうと考えられていたためです。
少し前まで専業主婦が銀行カードローンを利用できたのも、総量規制の対象外だったためです。配偶者に一定の収入があれば、本人に収入がなくてもカードローンが使えました。

 

しかし残念なことに、多くの銀行が利益の大きいカードローン事業に力を入れ始め、返済力のない人にまで貸付けを行うようになってしまいました。年収の何倍もの債務を抱えた人や、自己破産せざるを得ない人が増加しました。

 

事態を重く見た日弁連が2017年に銀行側に自主規制を要請し、銀行側はそれに応じて貸付けに関するルールが大きく変わりました。
総量規制のように年収の3分の1を貸付けの上限にしたり、即日融資を禁止し、慎重な審査を行うようになったりしています。専業主婦への貸付けも難しくなっています。収入のない専業主婦への融資を行っているところはもうわずかです。
今はまだ銀行の自主規制の段階ではありますが、この規制の動きは今後ますます大きくなっていくことが予想されます。専業主婦に限らず、銀行カードローンでお金を借りるのはどんどんハードルが高くなっていくでしょう。

 

配偶者貸付

主婦がカードローンを利用するもう一つの方法が配偶者貸付の利用です。

 

配偶者貸付とは総量規制の例外の一つです。
総量規制における貸付金額の上限を考える際に、配偶者の年収と合算してもよいというルールです。

 

配偶者貸付であれば本人に収入がなくても、配偶者に一定の収入があればキャッシングが利用できます。パートやアルバイトで収入が少ない人でも本人年収の3分の1以上の金額を借りることができるようになります。

 

ただし、配偶者貸付の利用には配偶者の同意が必須です。申し込みの際は、配偶者の同意書、婚姻関係を証明する書類が必要になります。借入額が一定を超える場合は配偶者の収入証明も必要となります。

 

同意書が必要になるため、こっそりカードローンを使うことはできません。用意しなければならない書類も多く、申し込みも面倒です。
配偶者貸付を扱っている金融機関も少なく、条件もあまりよくありません。借りられる金額も多くありません。

 

配偶者貸付を利用するぐらいなら、収入のある配偶者本人がカードローンに申し込んだ方がスマートです。

 

パート等の収入があれば消費者金融は利用できる!

先に述べたように、今や銀行カードローンを専業主婦が利用することはできません。
新規契約も自粛方向にあるため、パートやアルバイトなどで収入があったとしても、元々審査の厳しかった銀行カードローンの審査に通過するのは大変です。

 

しかし、消費者金融であればパートやアルバイトでも審査に通過できます。
総量規制の対象である消費者金融の利用には、本人に収入のあることが必須ではありますが、少しでも収入さえあれば十分融資が期待できます。

 

収入が定期的で安定してさえいれば、パートやアルバイト、派遣などの非正規雇用の人でも大丈夫です。限度額は小さくなってしまいますが、収入が少なくても問題ありません。

 

主婦が使うなら消費者金融のカードローン

消費者金融のメリットは主婦が申し込みしやすいだけではありません。

 

・申し込みしやすい
スマホやパソコンからいつでも簡単に申し込みできます。インターネットからの申し込みは24時間受け付けているため、忙しい人でも使いやすいです。
電話や自動契約機からも申し込みを受け付けているため、ネットがあまり得意ではないという人でも安心です。

 

・即日融資可能
大手消費者金融の審査は最短30分と非常に短く、審査完了から融資までの時間も短いです。
即日融資に対応しているカードローンも多く、急にお金が必要になった場合にも対応できます。即日融資の場合、銀行の振込対応時間までに申し込みを終えて振込融資を受けるか、自動契約機でカードを受け取って現金を引き出すかのどちらかになります。

 

銀行カードローンでは規制により即日融資ができなくなってしまったため、消費者金融のスピード感は大きな強みです・

 

・まわりにバレにくい
本人に収入があるのなら、申し込み時に配偶者の同意は必要ありません。審査の際に配偶者へ電話をかけられたり、なにか確認されたりすることもありません。
インターネットで申し込みをすれば、書類を書いているところ見られる心配もありませんし、カードを自動契約機で受け取れば自宅に郵便物が届くこともありません。自動契約機はあまり人目につかないところに設置されているため人に見られる心配も少ないです。
利用明細についても、webで確認できるように設定できる確認できるカードローンが多いです。

 

・無利息期間
消費者金融のカードローンは銀行カードローンを比べると金利が高めです。しかし、大手消費者金融のいくつかは無利息期間を設けています。これは初めての人を対象に一定期間内無利息でお金を貸してくれるサービスで、無利息期間内に完済しれば利息は一切かかりません。また、無利息期間内に全部返しきれなかった場合でも、最初の数十日分の利息がないため、金額と期間によっては金利の低い銀行カードローンよりもお得になります。

 

・丁寧な対応
消費者金融というと怖いイメージを抱いている人も多いのですが、顧客対応は丁寧で親切です。わからないことがあればサポートセンターなどに電話してどんどん質問しましょう。
中には、女性スタッフが電話対応をする女性専用ダイヤルを設置しているところもあります。

 

収入のまったくない専業主婦がお金を借りるのは難しい

専業主婦がキャッシングでお金を借りるには、パートをして専業主婦をやめたうえで消費者金融を利用するか、配偶者貸付を利用するかのどちらかです。

 

専業主婦でも利用できるのは基本的に配偶者貸付のみですが、扱いが少なく、条件も悪いです。中には、専業主婦でも簡単に申し込めるとうたっているカードローンもありますが、金利が高かったり法律ギリギリだったりとあまり「良い」カードローンではありません。

 

総量規制も今回の銀行カードローンの規制も、返済能力の不足している人への貸しすぎが原因の一つです。借金を抱えすぎて首が回らなくなったり、自己破産する人が増えたりしたことを考えると、本人収入のない専業主婦への融資が厳しくなったのは当然の流れかもしれません。